海外ゲーム勢のプレイスタイルが凄い

海外ゲームなんでムチっとしてる。少しアメコミ感がある。近未来風なんだな。街並みとか格好とか。海外ゲームみたい。ナツメアタリ株式会社のHPで東方見聞録の文録が萌え絵みたいになっていて容赦ない。海外ゲームメーカーのATARIではないのだろうか。作品のことを知ったのは秋葉原の海外ゲームショップだった。LYNXか何かでゲーム化されたソフトが売られていたのだが、「版権ゲームに当たりなし」の法則に従ってスルーしてしまった。今となっては買っておけば良かったと思っている。海外ゲームの規約とか読んでないけど、入場料取る方式のイベントってやってもいいもんなのかね。海外ゲームの体力って1つ回復するのに一時間かかるんだけど、かかりすぎじゃないか。英語教師てわけでもなければ帰国子女でもなく、海外ゲームやるためにゲーム通して覚えたようなら英語だから、むしろ自分も勉強したい誰か採点してくれ。海外ゲームは内容に魅力感じるんだけど、キャラグラがどうにも合わないんだよな。

日本人って奥手だし、引っ込み思案だしベースがコミュ障だよね。海外ゲームのCV勢とか「ファァァァァック!!」とか叫びながら銃乱射してるけど、楽しそうだよ。誰もプレイしたことないゲーム合戦なんて海外ゲームコレクターなら100は余裕だと思うんだが。というか海外のゲーム本体すらほとんど実際にプレイしたことないだろみたいな。AVGNとかだけ見て付け焼刃な海外ゲーム知識だけの奴には負けれない。エレプロは海外ゲーム(主にメキシコゲーム)の流通を取り扱っている会社。海外ゲーム探しただけでもゾンビの顔、手がズラズラ出てくるとWow…って声が出ちゃう。外国人も日本のゲーム探したら同じ事思ってるかも。メタスコアを見ながら海外ゲームシーンの10年間を振り返る。ファミコンのソルブレインは海外ゲームのキャラを変えただけの内容だからソルブレイバーが超武闘派になってたな。steamの麻雀ゲー、開発メーカーの持ってるエロゲーブランドのキャラクター総登場(流用ともいう)な麻雀ゲーなのか。というか海外ゲームのローカライズに特化したメーカーだと思っていたから、エロゲーブランドを持っていたという事実にびっくりだ。